ニュース&
ショップ
楽園
シリーズ
版画 墨絵 ペン画
その他作品
ニュース
アーカイブ
NY
レポート
プロ
フィール
KYOKO'S
ブログ
English
page

●海外展示会レポート2001〜2008
8
2013/12

   12/07/2013    Back from New York!

7
2008/7
子連れNY第三弾娘と一緒にTemporary New Yorker。
1.娘と一緒にTemporary New Yorker。 2.やっぱりChelsea画廊街 3.Storm King Art Center・太陽と静寂
4.The new york city water falls−滝のアート 5.Cold SpringのアンティークとABC Carpet 6.ホームパーティ、ピクニックランチョン、そしてラーメン屋さん
7.「子連れNY」がもたらすもの

6
2007/5
2007年カリフォルニアへの旅。初の西海岸での展示会に参加。
2007年カリフォルニアへの旅(序章) 1. Art After DARK
(日暮れ後のアート)
2.パブリックアートと人と街
3.ISAPとサンルイオビスポ
アートセンター
4.ワイナリーツアー~酔っ払いの友に乾杯~ 5.In San Francisco~meet the Arts~
(サンフランシスコでアートと会う)
6.In San Francisco ~meet the Cousin~
(サンフランシスコで従姉妹と会う)
5
2006/7
長い付き合いの友人と一緒に行ったNY。郊外の美術館やジャズなど、楽しさ一杯の旅となった。
1.友とキムチと雷と 2. ソーホーを足早に 3. Chelsea Gallery Walk
4.オープニングと日の当たる道 5.セレンディピティへは女友達と 6.メトロポリタン美術館と渡嘉敷亨さん
7.Dia: Beacon 8.Dinner Partyと新しい出会い 9.食料品店はパラダイス
10.Blur Noteとコーヒーの香り
4
2005/1
子連れNY第二弾with次男。意外とアート好きな息子の一面も垣間見て、楽しいショート・トリップ。
1.子連れNY2005 2.美術館とパストラミ 3.雨の教会からチャイナタウンへ
4.EAST VILLAGE USA 5.未知との遭遇は「ひとり」から
3
2003/3
NY・チェルシーのA.I.R.Galleryのビエンナーレに世界各地約700点応募の中から「楽園シリーズ」が2点入選し、3月4日から29日まで入選者26人の展示会が行われた。
1.受賞展オープニング
2
2003/1
子連れ狼in 冬のNY。14才の息子を連れての珍道中。エンパイアステートビルやグラウンド・ゼロにも足を伸ばし、充実した日々となった
1. 子連れ狼 真冬のNYへ 2. 14才―男の子のプライド 3.冬の画廊街は大にぎわい
4. 圧巻!アメリカ自然史博物館とローズ宇宙センター 5.Take the A train-A列車で行こう 6.86階から街を、世界を、人生を見渡せば
1
2001/7
たった3日のNY。短い旅程をフルに活用し、多くの美術館や画廊、クイーンズまで足を伸ばす。街歩きも慣れたかな
1.たった3日のニューヨーク 2."Excuse me." 3.ワープできる街
4.言葉は心をつなぐもの 5.みんな集まれ 6.アーティストにできること